プロジェクトストーリー03

海外との製品開発、日本からの製品輸出の橋渡しプロジェクト

ポップリベット・ファスナー株式会社の属するグループ企業各社は、海外にある子会社や、日本の企業が海外に現地法人を設立しているような形態とは少し違い、全く別々の法人として活動を行っています。
業務上のやり取りはありますが、海外転勤のような人の動きのようなものはありません。
自動車の製造には膨大な量の部品を使用します。海外で自動車を生産する場合、そのパーツは日本にとどまらず海外・現地からも調達・製造を行う必要があります。
海外に現地法人がある企業などであれば、社内でのやり取りで済むところなのですが、当社は同じグループ内とはいえ、別会社とのやり取りとなってしまい、スムーズに進まないという悩みがありました。
そんな中、自動車組立てに必要となる部品のやり取りを、円滑に行えるようにするための「橋渡し役」を新たに築くというプロジェクトが発足しました。

プロジェクトの背景

私は普段は設計として栃木営業所で勤務をしているのですが、とある機会をきっかけに本プロジェクトを買って出ることになりました。
栃木営業所に当社の代表が来訪し、慰労会をする機会がありました。その会の席でふと代表から、「設計者って、英語が不得手な人が多いよね。」という話題が上がりました。それを聞いて「英語が苦手だけど、私は、海外に向けて挑戦したいですよ。」と代表に直談判。
その後、当時の設計部門のマネージャーから「あの時の話は本気?」と聞かれ、もう乗りかかった船、やってやる!という気持ちでプロジェクトへの参加を心に決めました。

プロジェクトの最中、ぶつかった最初の壁

海外とのやり取りを円滑に進めるための橋渡しプロジェクトは、現地グループ法人へのレジュメ・プレゼンテーションと順調に進んでいき、約1年間という期間で、日系自動車会社の開発する高級スポーツカー向けの製品を中心に進行するようになりました。
しかし、プロジェクトを進めていく地は言葉も文化も違う、アメリカという土地。今までの自分の仕事の進め方とのギャップに苦しむこともありました。一番感じた日本との違いは「働き方」の差です。
一言で言ってしまえば、米国の働き方は「ラフ」でした。根詰めすぎず、時間に縛られすぎない働き方が日本人とは大きい違いを感じました。
しかし、そんなラフな側面に反し、業績はしっかりとあげています。それは「やるときはやる」「やらないときはやらない」というメリハリからくるものではないかと、私は思います。
事実そのときの周りの同僚たちも、時間に縛られない仕事をしながらも、本当に頑張りが必要となるときは持ち帰ってでも完成させる!という働き方をする人が多かったと思います。

日本にはないビジネススタイルに触れ合う機会

現地の方々の働き方の話でもあるのですが、今回の高級スポーツカーの部品を日本から現地グループ法人へ送り、スムーズに立ち上げるというプロジェクトで重要になることが一つありました。
今回担当した高級スポーツカーについては、設計、開発、試作を日本国内で行い、量産はアメリカというのが基本的な流れになっています。
しかし、今回の部品は、日本でしか製造できず、アメリカ側に輸入してもらう必要がありました。その点をまずアメリカの日系自動車会社の購買の方に納得してもらう必要がありました。

ある日、現地営業マンのお誘いで日系自動車会社の購買の方々とゴルフに参加する機会がありました(しかし、ゴルフは全くの未経験・・・・)。
言葉もゴルフもままならず、右往左往している中ではありましたが、これはチャンスと思い、今回の部品が”日本でしか製造できない理由”を精一杯伝えました。
すると先方は「北米で生産してほしい。」と言いつつも真摯に話を聞いてくれて、最終的には「OK〜」とご理解いただくことができました。

このときは、ただただアメリカらしいビジネススタイルを体験しただけではなく、日本とは違う一見するとフランクな働き方の中にも、ビジネスの達成のために向ける真摯な情熱がある事を感じることができました。また、「こういう形で仕事が進んでいくこともあるのだな」と今回の海外プロジェクトでの経験に感謝しています。

プロジェクトを通して、今想うこと

当社の属するグループには、いろいろな企業が全世界様々な国にある中で、今回の日本と北米のような、国と国とのパーツのやり取りにおけるしがらみは少なからずあります。今回のプロジェクトが成功したことは、当社にとってもグループ内の評価にもつながる貢献ができたことと聞いて嬉しく思っています。
日本の基幹産業である自動車産業は、今後日本が設計し、世界で組み立てるという構図がよりいっそう一般化していくようになると思います。
そのとき、今回成功したプロジェクトがロールモデルとなり、より円滑なコミュニケーションを全世界へ広げていくことになっていけることを、心より望んでいます。

求人採用のエントリーはこちら

採用情報/エントリー

採用に関するお問い合わせ ポップリベット・ファスナー株式会社人事・総務部 03-3265-7292